小学5年生社会 日本の国土 ポイント

勉強

社会も5年生になると難しいですね。

4年生のときは、算数、国語の宿題だけで溺れそうでしたが、今年は社会もがんばってみようと・・・

お風呂で勉強の教材作ってます。

そんなすごいものではないです。見ていただいた通り、私の落書き。

でも、これをお風呂に貼って、さあ、勉強!という感じじゃなくておしゃべりのついでに覚えた!そんな感じを目指してやってます。

だから、教科書の内容は全部を取りあげず、ポイントだけを抑えていきたいと思っています。

点数アップも目指したいけれど大人になって最小限知っておいてほしいことにしぼりました。



日本隣の国は?なんていう海にかこまれてる?

どこまでが日本か

北海道、本州、四国、九州これは4年生で学習済み

北は択捉島

東は南鳥島

西の端は与那国島

南の端は冲の鳥島

ということになりますが、名前までは難しいだろうと書くのをやめました。

まわりの海

オホーツク海、東シナ海、日本海

そして太平洋。

これは必須。

 

島国の日本、隣の国は?

ロシア連邦、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国

そして、太平洋を進んでいくとアメリカ合衆国とカナダがあることも合わせて話しておきたいと思います。

領土、領空、領海など

択捉島の話のついでに北方領土のことも知っておくべきだし、

領土、領空、領海という言葉の意味も。

幸い日本は漢字の文化。

領土が理解できれば、領空、領海もすぐにわかるでしょう。

あずきかあさん

ニュースを聞く時にこれだけは理解していないと
ニュースの意味がわからない。
世界で何が起こっているのか、何もできなくても知っておくことは大切ですよね。

今まであずきは学校で社会の授業を受けても先生が何を言っているかわからないと言っていました。これで、わかるかな?



コメント

タイトルとURLをコピーしました